リサイクルトナーは純正品より安く購入できる上に問題なく使用できる

サイトマップ

リサイクルトナー

リサイクルトナーとはいったい何なのか

印刷している男性

リサイクルトナーとは、メーカー純正の使用済みトナーを回収し、修理や洗浄を経て純正品と同量の新しいトナーを充填して再利用をしているものを言います。リサイクルしているが故のメリットやデメリットがあります。
メリットとしては、コストパフォーマンスが高いことです。販売価格で、純正の定価と比較して10分の1程度になるものもあります。純正品よりも安くなる理由の1つとして、プリンター等の本体を安価にし、トナー等の消耗品に利益を乗せているからです。それに加え、トナー自体は再利用されているものであるため、費用がかからないためです。しかし、リサイクルトナーにもデメリットがあります。それは、初期不良が起こりかねないということです。1度は使用されたものだからです。それでも、以前に比べれば改善されてきているようです。また、リサイクルトナーと純正トナーの色合いを比べてみると、黒はほぼ同質のようですが、カラーについては若干色合いが異なる場合があるようです。
リサイクルと純正品では成分が完全に同一ではないようです。不良が起きやすいというデメリットはあるものの、リサイクルトナーの場合は再生品ということもあり、純正品より充実した保証がついてる場合があるようです。メリット、デメリットを知った上で使用されることをおすすめします。

イチオシ情報